ピッチパイプ派?チューナー派?

201040725-tuner2

大正琴の調弦についてお問い合わせ頂くことも多いので触れていきたいと思います。

大正琴を調弦する際は基本G(ソ)の音に開放弦を合わせていきますが
その基本ピッチ(高さ)については一般的に440hzに合わせてあります。
これはオーケストラなどでチューニングする際の世界基準といわれ、
ナルダン大正琴の場合はすべて440hzのピッチに合わせて調弦がしてあります。

201040725-tuner3

お客様の中にはご自身の好みで若干高めの442hzに合わせる方もいらっしゃる
ようですが、この基準ピッチの数字がバラバラだと合奏などされる場合には
どこか合っていない演奏になってしまいますので統一されることをオススメします。

さて大正琴を調弦するためにはピッチパイプやチューナーを使います。

ピッチパイプ(調子笛)での音合わせは、
弦を爪弾いた音の余韻をしっかり聴きながら調弦をしなければなりませんので
上級者の方でも慣れるまでは音が正しいのか判断が難しいと云われています。
でも慣れてしまえば、ポケットの中に入れて持ち歩きも便利です。

ナルダン大正琴をご購入いただきますと予めピッチパイプ(調子笛G音)が
付属品として入っています。

チューナー(調律器)での音合わせは、
弦を爪弾いた音の余韻を耳で確かめながら同時に本体に表示されている
インジケーターの針を目で見て確かめて音を合わせていきますので
音階も基本ピッチも正確な音合わせが初心者の方でも比較的簡単にできます。
合奏などされる場合も音がバラバラになることはありません。

大正琴調律を使った音の合わせ方

夏の暑さは弦もゆるみ易くなって大正琴の調弦にも影響をしてきます。
お稽古前には、ピッチパイプ(調子笛)やチューナー(調弦器)などを使って
正しい調弦で大正琴をお楽しみ下さいね。

簡単に調弦できる大正琴専用調律器

tel

>>大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加