before → after|古いナルダン大正琴の修理依頼

20140828-2

20140828-3

先日大正琴をお母様のプレゼント用にご購入頂きましたお客様より
20数年前に通販で購入した古いナルダン大正琴の修理のご依頼を頂きました。

ご依頼の大正琴は
「数年前に壊れたまま放置していた状態だったため
鍵盤ボタンのぐらつきやサビ、調律などもくるっているので
もう一度弾けるように修理をお願いしたい。
修理が可能であれば、母と一緒に大正琴を楽しみたいので」
とご希望されました。

ご依頼頂きました大正琴はサビや汚れなどもございましたが
鍵盤ボタン、バネ、フエルト、滑り止めクッションなど一式交換後、
弦を張り替えて調律調整をして修理が完了しました。

※写真はビフォー&アフターです。

20年以上の時を経て生まれ変わった大正琴。

お母様とご一緒に大正琴を楽しむ夢を実現して下さいね♪

_______________________

お客様の中には、ご購入から10年、20年と末永くお付き合いさせて頂いているお客様も大勢いらっしゃいます。
お客様にいつまでも大正琴を楽しんで頂けるよう専門アドバイザーが
楽器のメンテナンスから大正琴の弾き方のアドバイスもさせて頂いております。

修理などのメンテナンスについても自社工房がございますので
迅速かつ安心のアフターケア対応をさせて頂きます。

>>大正琴修理・メンテナンスについて

tel

>>大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加