演奏前の準備は大丈夫?大正琴の調弦について

tuner-image

秋の深まりを感じる季節は各地域で様々な演奏会が開かれていますね。

楽器演奏をする際に大切なこと、まずは演奏前の音合わせです。
大正琴も演奏前には音合わせや調弦は忘れてはいけない大切な準備です。

ナルダン楽器にもこの季節はお客様から調弦について度々お問い合わせを頂きます。
演奏会で合奏などされる機会も多くなると思いますので調弦について簡単にご紹介します。

大正琴を調弦する際は基本G(ソ)の音に開放弦を合わせていきますが
その基本ピッチ(高さ)については一般的に440hzに合わせてあります。
これはオーケストラなどでチューニングする際の世界基準といわれ、
ナルダン大正琴の場合はすべて440hzのピッチに合わせて調弦がしてあります。

お客様の中にはご自身の好みで若干高めの442hzに合わせる方もいらっしゃる
ようですが、この基準ピッチの数字がバラバラだと合奏などされる場合には
どこか合っていない演奏になってしまいますので統一されることをオススメします。

最近では演奏会前にはご自身で大正琴を調弦するという方も多いようですので
どなたでも簡単に調弦できる「大正琴専用調律器」をおすすめしています。

>>「大正琴専用調律器」

「大正琴専用調律器」での音合わせは、
弦を爪弾いた音の余韻を耳で確かめながら同時に本体に表示されている
インジケーターの針を目で見て確かめて音を合わせていきますので
音階も基本ピッチも正確な音合わせが初心者の方でも比較的簡単にできます。
また合奏などされる場合も音がバラバラになる心配はないです。

201040725-tuner3

詳しくは動画でもご覧頂けるのでご参考になさって下さい。
>>大正琴調律を使った音の合わせ方

秋の演奏会シーズン。皆さんしっかり調弦をして
正しくきれいな音色で舞台演奏にのぞんで下さいね。

なお、ご自身での調律調整が気になる方はどうぞお気軽にご相談ください。
他社メーカー製大正琴でも承っております。

tel

 >>大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加