楽譜と伴奏を使った練習の仕方について | 大正琴ワンポイントレッスン

大正琴レッスン風景

以前ブログでも「教則本の使い方について」はご紹介させて頂きましたが
初心者の方で教則本を独学でマスターされた方が

「次のステップはどこへ進んだらいいですか?」

とお尋ね頂くことがございます。

初級者用教則本「大正琴のしらべ」の練習曲7曲をすべてマスターされた方は
実は初級から中級へとすでにステップアップができているのです!

教則本では基本的な指の使い方、ピックの弾き方、楽譜の見方など
練習曲を1曲ずつ順番にレッスンしていくごとに
ステップアップができるようになっているからです。

また教則CD「大正琴のしらべ」と一緒に練習をされている方は
曲のテンポが早いなーと感じなくなってきたら
基本的なことはマスターできているので
次は楽譜曲集と伴奏に合わせてリズムにのって弾く練習へ
ステップアップされても大丈夫だと思います。

さて次のステップは

楽譜と伴奏CDがセットになった曲集「大正琴で奏でる季節の唄」などを使って
季節感を感じながらリズムに合わせて弾くことも新たなステップアップになります。

「楽譜と伴奏CDを使った練習の仕方について」

1.まずは1曲ずつCDを流して聴いて全体的な曲の仕上がりを確かめます。
※その時は楽譜を指で追いながら、数字譜番号を確認していきましょう。

2.楽譜のみを使って、ゆっくり大正琴を弾いてみましょう。
※ご存じの曲は一緒に口ずさみながら弾いてもいいですね。

3.CD1~6番のデモ演奏に合わせて一緒に弾いてみましょう。
※メロデイがずれることなく弾けるようになれば次のステップへ進みましょう。

4.CD7~12のカラオケ伴奏で楽譜を見ながら合わせて弾いてみましょう。
※リズムに合わせてテンポ良く弾けるようになればレベルアップされていますよ。

日本には四季があるので季節感を感じながら伴奏に合わせてリズム良く
音楽を楽しみながらステップアップしてください。

>>楽譜CDセット「大正琴で奏でる季節の唄」春夏編
>>楽譜CDセット「大正琴で奏でる季節の唄」秋冬編

これからの季節は
春夏編より 「うれしいひなまつり」がピッタリですね♪

>>うれしいひなまつり(動画)

次のステップへお困りことはございませんか。
皆さんのご意見をお聞かせください。

 info@nardan.co.jp

tel

 >>大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加