オーストラリアからご来店のお客様

先週は桜満開の1週間でしたが不安定な空模様で
お花見のタイミングを見計らう方も多かったのではないでしょうか。

>>ブログでもご紹介しました名古屋城
それでもお花見を目指して海外からお越しになる方も多いようで
ナルダンの店先界隈でも外国人の方をよく見かけました。

さてそんな中、オーストラリアよりご来店頂きましたお客様をご紹介します。

ご夫婦で日本の桜を見るために来日されたとおっしゃるお客様でしたが
「名古屋には大切なミッションで来ました。ナルダンに来るためです」
と嬉しいご来店でした。

お客様は何とすでにナルダン大正琴を3台持っていらっしゃるそうで
その中のひとつはおじいさまからナルダンのメーター大正琴
(現在は製造していないスケールが長いタイプの大正琴)
を譲り受けたとおっしゃるのです。
なかなか日本でも珍しいタイプの大正琴を海外の方が所有されていることには驚きました。

お客様は事前にホームページをご覧になってくださっていて
「五弦大正琴はいくつか種類がありますが違いは何ですか?」とご質問され
「デザインや素材(木材)の違いで音色が変わってきます」とお応えすると
「大正琴を実際に弾いてから音色を聴いてセレクトしたい」とおっしゃいました。

そこでお客様に大正琴を試していただくとなんと見事なピックさばきで
”インディアンソング”を一曲弾いてくださいました。

オーストラリアよりご来店

大正琴の哀愁ある音色とインド音階の少しもの悲しいメロディは相性が良いようでした♪
お客様は何点かお聞きいただいた中でお気に入りの音色の大正琴をお選び下さいました。

>>お客様がセレクトされた ナルダン大正琴ナチュラルエコー

「大正琴はオーストラリアでも興味を持っている人が多くいます。
音色がマンドリンにも似て親しみやすいことや
日本文化に興味を持っている人も多い。それに日本製の楽器は音色がいい」

と貴重なお話を聞かせて頂きました。

色々な国の方と大正琴で繋がることはとても素敵な嬉しいことです。

実はご来店の際にお客様は日本語と英語の翻訳機アプリを準備なさっていて
翻訳機を介してのやりとりは私たちも初めての体験。
何だか不思議な感じでしたが
お客様のご要望にもスムーズにお応えできる便利なツールだと思いました。

「これでミッションを果たすことができた!」
と楽しい時間を過ごして頂くことができたようでした。

あいにくの雨模様で名古屋では桜を見ることができずお帰りになると
おっしゃったので、名古屋城お堀の桜を車で案内させて頂くと
「満開!満開!」ととても嬉しそうにしていらっしゃいました。

遙か遠いオーストラリアからのご来店誠にありがとうございました。

>>大正琴専門店のナルダン楽器の公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加