大正琴で奏でる心の唄♪ カチューシャ

「カチューシャ」

1938年。ロシアで制作された流行歌。
ロシアの一般的女性の名「カチューシャ」が歌のタイトルになっているこの曲は遠い故郷で愛する人を思う切ない雰囲気を心でとらえた名曲。
そもそもロシア民謡が日本人に親しまれるようになったのは東洋のデリカシーをみせながら、短調のメロディに躍動感溢れるリズムを刻み続けるところ。
またロシア民謡の悲しいメロディーは日本の民謡に近いものがあったため親しみやすかったと言われます。

大正琴が普及していった時代背景と共に哀調をおびた旋律と音色が大正琴とマッチした曲をお楽しみ下さい♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

>> 大正琴で奏でる心の唄シリーズ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  • このエントリーをはてなブックマークに追加