大正琴ってギターとピアノをミックスしたような感じですね|お手軽大正琴体験レポート

大正琴体験コーナー

先日「大正琴の弦が切れてしまったので持って行けば
弦の張り替えをお願いできますか」とお問い合わせ頂きました。

お客様は
「おばあちゃんは7,8年ほど地元(三重県)で大正琴を習っていましたが
足が悪くなってしまい、今は自宅で大正琴を弾いて楽しんでいます。
先日、弦が切れてしまい弾く事が出来ないと困っていたので
張り替えてほしい」とお孫さんが代わりにご来店下さいました。

大正琴弦張り替えのみのご依頼の場合は

ご来店頂いたお客様には30分ほど店内でお待ち頂ければ
弦を張り替えて、即日お渡しさせて頂いております。
(事前にご来店のお時間等をお電話にてご連絡いただきますとスムーズに対応できます)

>>大正琴のメンテナンス

今回はお待ちいただく間に
お客様には「大正琴体験コーナー」で体験にチャレンジして頂きました。

大正琴は弾いたことがないとおっしゃっていましたが
おばあちゃんの弾く姿を見ているのでなんとなくわかります。と初挑戦!

鍵盤をしっかり押さえてからピックを弾くと良い音が鳴りますよ。
と簡単な弾き方をアドバイスさせていただくと
きれいな音色で大正琴を弾かれていました。

「大正琴ってギターとピアノをミックスしたような感じですね!」
とお客様。

大正琴は日本の弦楽器・二弦琴と西洋のタイプライターのキーボタンをヒントに
鍵盤楽器と同じ西洋音階のドレミファで弾けるように考案された楽器で
大正元年に名古屋で誕生したんですよ。
とお待ち頂く間に雑談させていただきました。

お客様はお帰りの際に
「おばあちゃんが弾く姿を見ていたけど、自分で弾くと面白いですね
ちょっと大正琴にも詳しくなったし、
届けた時におばあちゃんと一緒に弾いてみようかな」
と楽しそうにされていました。

素敵なご関係のお孫さんとおばあさまのようでした。
大正琴を通してまた会話が弾まれると嬉しいですね。

大正琴についてお気軽にご相談下さい。
ご来店頂きましたお客様にちょこっと体験もして頂いてます。

>>お手軽体験コーナー
>>大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加