海外へ大正琴をお持ちになる際の飛行機内の扱いについて

20150603

こんにちは。大正琴のナルダン楽器 岩田です。

先日こちらのブログから>>カナダからご利用のお客様
もご紹介させていただいてますが
大正琴ご愛用者さまが海外へ大正琴を持って行かれたり
海外の方へのプレゼントやお土産としてお持ちになる方もいらっしゃいます。

海外へ大正琴を持って行く際には
飛行機内で「機内持ち込み」と「手荷物預かり」の
いずれかの手荷物扱いで持ち込みされることになるようです。

先日も日本から海外へ大正琴をお持ち帰りになる際に
飛行機内での扱いをご心配される方もいらっることを
ご紹介させて頂きましたところ
早速、ご愛用者さまより貴重なご意見をお寄せ頂きましたので
ご紹介させて頂きます。

//////////////////////////////////////////

「機内持ち込み」ご利用のお客様

ぼくはこれまで何度もいろいろな航空会社のエコノミークラス
で機内に大正琴を持ち込んでいます
(預けることなど考えたこともありません)
航空会社のカウンターで楽器だということを説明して
(ときには中を見せることもありますが)
いつも問題なく搭乗できています。
客室で頭上の荷物入れスペースに余裕がないときは、CAの方に預けています。

/////////////////////////////////////////////

「手荷物預かり」ご利用のお客様

大正琴を海外へ持って行くので事前に航空会社へ問い合わせたところ手荷物預かりしますといわれました。
当日、航空会社のカウンターでやはり手荷物預かりで預かるといわれお願いしました。
念のため大正琴はハードケースの中に入れケースカバーもつけて持ち込みましたが「デリケートな楽器なので」とお願いしました。
帰りの便ではケースカバーの上からエアクッションを巻いて
FRAGILEシールなどを貼ってくれましたので安心でした。

/////////////////////////////////////////////

海外へ大正琴を持って行く際には
「機内持ち込み」が可能な航空会社と
「手荷物預かり」で預かるという航空会社と
各航空会社で対応が若干違うようです。

事前にご利用になる航空会社へ
問い合わせをして頂いてからお持ち頂くとより安心です。

ご参考までに、飛行機内の手荷物について
イラストでわかりやすく解説しているサイトなどもございます
(各航空会社の手荷物説明についてもリンクされてます)

>>はじめての海外旅行 機内持ち込み手荷物の制限をチェック

■-日本から海外へ大正琴をお持ち帰りなる際には-■

○機内持ち込みの場合も大正琴は必ずケースの中に入れてください。

○出発時に手荷物預かりでお願いする場合には
やはり運送中の扱いなどご心配になると思いますので
大正琴は必ずケース中に入れ回りをケースの上からエアクッションなどで
しっかり動かないように包むなどして予めカバーしておくとより安心です。

○また航空会社のカウンターで預ける際には
「楽器ですので取扱い注意でお願いします」と一言添えて頂けると
FRAGILE(われもの注意)シールなどを貼って
丁寧に扱ってもらえるようです。

尚、海外へ大正琴をお持ちになるご予定がおありの方は
ご注文の際にその旨をお伝えくださいませ。
お気軽にお問い合わせください。

>>お客様ご相談室

>>大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加