一台で二通りの弾き方が楽しめるエレキ大正琴

大正琴製作風景

木の削る音と木の香りが漂う工房内では
エレキ大正琴にピックアップを取り付ける為の
本体の切り抜き作業が行われています。

ここから研磨作業や塗装作業、本体にひとつひとつ部品を
取り付けていき約50以上の工程を経て
お客様のお手元へお届けする大正琴へと仕上がっていきます。

>>いつまでも弾き手に愛されるものづくりをめざして|ナルダン工房

作業中のナルダンエレキ大正琴は
箱形のボディの右側に大きな穴(音響穴)があり
弾いた弦の音の振動を音響穴から響かせて鳴らしているので
そのまま生音で弾くこともピックアップ部分にアンプを繋いで弾くことも
どちらも使い分けすることができ一台で二通りの弾き方が楽しめます。

先日ご利用者頂いたお客様より
「エレキ大正琴はアンプに繋がないと音が出ないとはじめは思ってました」
と伺いました。

ナルダンのエレキ大正琴はアコースティックとピックアップの両方で音が出せるタイプです。
本来のアコースティックな大正琴と同じように
そのままの生音で弾いて頂けますので、まずは生音でしっかり音色を楽しんください。
その後、ピックアップ部分に専用コードからアンプに繋いで弾けばエレキ大正琴として
ボリュームやトーンで音色を調整しながらお楽しみ頂けます。

またアンプを通して柔らかな音色で弾いていただくために
エレキ大正琴を弾くときは柔らかめのピック<ソフトタイプ>
ご使用になると弦の余韻の響きもやさしく鳴ってきます。

1台で二通りの弾き方が楽しめる大正琴で遊び心をプラスしてみてください♪

父の日限定!エレキ大正琴と教則本9点セット

>>「父の日限定!ナルダン大正琴 エレキハードケース仕様教則本付9点セット」ご準備しています

 >>大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加