時節行事を取り入れながらのお稽古事は楽しいですね|大正琴で奏でる季節の唄

tanabata

本日7月7日は七夕さま

七夕は五節句のひとつにも数えられるお祭りだそうですね。

笹竹に願い事を短冊に書いて吊すと御利益があるというのは
江戸時代から庶民の間ではじまったもので
実は七夕さまは技芸の上達を祈るお祭りに由来しているようなのです。

まさにお稽古事にはピッタリのお祭りということで
大正琴教室でも老若男女問わずみなさん楽しそうに願い事を書いて
笹に吊している様子が見られました。

「高いところに吊した方が願い事も早く天に届いて上達するような気がするわね」

と神頼みする人もいたり・・・笑

「時節行事を取り入れながらのお稽古事は楽しいですね」

と明るい声が琴の音と一緒に響いていました。

みなさんも今宵は天の川を眺めながら”七夕さま”など弾きながら
大正琴を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

季節感を味わうことで音楽はより楽しくなってきますね。
ナルダン楽器動画ライブラリーからも季節にピッタリの曲ご紹介してます

>>大正琴で奏でる季節の唄シリーズ

>>大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加