「短時間でこんなに弾けるとは!」いいとこ探し隊・女子大生サークルが大正琴に初チャレンジ♪

iitoko

平成27年8月2日(日)名古屋駅前のナゴノスペースにて
名古屋市内の女子大生サークルのメンバーが西区の伝統文化やものづくり体験を通してエリアの魅力を見つける企画・ものづくり文化の道「いいとこ探し隊」で大正琴に初チャレンジ!

今回の大正琴体験講座では
まず大正琴誕生秘話や時代背景を解説。
大正時代に発売されたお菓子の中で現在も親しまれているものを
クイズ形式で紹介するなど大正時代背景を知って頂いてから
実際に大正琴にチャレンジをして頂きました。

その体験の様子をはじめ、最後は即興演奏会を開くまでを動画ダイジェストでご紹介。何と約30分でここまで弾けました♪学生さんたちの集中力がすごい!!

>>ナルダン楽器Facebookより紹介
>>「いいとこ探し隊」大正琴体験(動画)


__________________________

【体験者の感想】

●はじめて大正琴を弾いてみて楽しく演奏することができた。
マラカスやタンバリンなど日本の楽器でないものと合わせても面白い演奏になったのでもっと色々な楽器と一緒に演奏しても面白いかなと思いました。

●すごく楽しかったです。音色が響いて気持ちよかったです。
いろんな場所で体験できるといいですね。

●初めて弾く楽器で不安でしたがとても楽しく弾くことができました。
ギターと少し同じところがあって弾きやすかったです。
どこかで機会があったらまた弾きたいです。

●とても簡単にできたので楽器をしたことのない人でも気軽に楽しめると思いました。
OREOとカルピスが大正時代から続いていることもビックリしました。
すごく楽しかったので体験できてよかったです。

●大正琴の歴史を知ったことがより楽しめると思いました。
短時間でこんなに弾けると思ってなかったので驚きました。

●二日間とも参加されたみなさん初めての経験で、すごく新鮮な感覚で楽しんでいただけたようです。特に二日目は、いろいろと仕掛けをしていただいて日程の中で一番楽しい時間になったようです。私も楽しませていただきました。ありがとうございました。

__________________________

若い学生さんたちには普段触れる機会も少ないという伝統文化。
大正琴という楽器を通して、新たな発見やいいとこ見つかったようでした。

>>大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加