名古屋城上空に浮かんだスーパームーン

仲秋の名月

今年は仲秋の名月だった9月27日(日)と翌日9月28日(月)は満月のスーパームーンで

月が地球に最も接近するというので月がいつもよりかなり大きく見えました。

みなさんはご覧になりましたか?

名古屋城前にて撮影

ナルダン楽器から歩いてすぐの名古屋城前にもお月見する大勢の人で賑わっていました。

“お城と月”のシチューエーションもロマンチックでいいですね。

ベランダに腰掛けて ロマンチックに月を愛でながら

「荒城の月」や「月の沙漠」など奏でてもステキですね♪

ちなみに「荒城の月」は明治時代に作られた西洋音階の曲に日本の七五調の詩がコラボした

和洋折衷の名曲。 大正琴とはとても相性の良い曲です。

秋の夜長を大正琴の音色と共に楽しんで下さいね。

>>大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加