”名古屋のものづくり文化と継承”というテーマで高校生から取材を受けました|大正琴専門店ナルダン楽器

レトロ大正琴

先日 ”名古屋のものづくり文化と継承”というテーマで高校生から取材を受けました。
雑誌やテレビ取材を受けることはありますが、学生さんからの取材は初めてのこと。

最初に大正琴の誕生秘話などについてお話させていただくと、大正琴の元になった
タイプライターを実は知らない世代!今のパソコンという説明で何とか納得をしていただくことができました(笑)

それでも大正琴が発売された100年前と同時期に発売され今でも口にすることがある食べ物 (オレオクッキーやカルピスなど)をあげて西洋文化に影響を受けた時代背景をお話しすると、なかなか面白い時代に、もの作りがされていたことに学生さんも新しい発見があったようでした。

>>大正琴はこんな楽器

12049386_925753337496890_5996455699577538992_n

また大正琴は小学校の授業やトワイライトスクール(放課後学級)などで一部触れる機会などもあり、意外にも身近な楽器に感じているということでしたが、日本固有の楽器である大正琴を今後どのようにして継承して伝えていくのかということについて真剣にご質問もいただきました。

私たち作り手は、いつまでも愛される楽器作りをめざし、楽器本来の音色の美しさと弾く楽しさを味わっていただくことで、これから先も大正琴を伝えていきたいと考えています。

>>いつまでも弾き手に愛される楽器作りをめざして

12042757_925753050830252_31103423862470137_n

最後に実際に学生さんにも体験していただいたところ

直後の感想は  ”うわっ!楽しい”

やはり楽器はこの言葉につきます♪

今回の取材内容をレポートにまとめて弁論大会で発表をされるそうです。
ぜひ頑張ってくださいね。

大正琴についてのご質問などお気軽にお問い合わせください。

>>大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加