還暦を迎えるにあたり何か新しいことをしたいな|お客様の声・大正琴専門店ナルダン楽器

kanreki

こんにちは

ナルダン楽器、店長の岩田です。

還暦を迎えた方がはじめる習い事を「六十の手習い」
ということわざがあります。
実は英語でも同じ意味のことが
It is never too late to learn(学ぶことに年を取り過ぎているということはない)
ということわざがあるようです。
学問や習い事をするのに年齢制限などなく
いつから始めても遅すぎるということはないという意味が込められています。
世界共通のことわざなんですね!

<故事ことわざ辞典より>

さて先日も大安吉日!
還暦を迎えられるご家族さまへのお祝いに大正琴をお選び頂いたお客様や
六十歳を迎えるにあたり大正琴をはじめられたお客様もいらっしゃいます。

「お世話になります。おかげさまで無事届きました。
また直筆のメッセージをありがとうございます。
何故大正琴を始めようとしたかと言うと
今年還暦を迎えるにあたり何か新しいことをしたいな
と思っていて前から多少興味があったのと
3歳の孫娘の名前が ”琴音” といいまして
孫の為になにか弾けたらいいな、と今回思い切って始めてみました。

若い頃ギターをやろうとしたのですがなかなかコードがおぼえられない、 おさえられないと不器用なのと、教室で習うには時間があわないなど 不安はありますがなんとか頑張ってみようと思っています。 今後とも宜しくお願いします」

この度は還暦おめでとうございます!

人生の節目時から新しく大正琴にチャレンジして頂けること大変嬉しく思います。
お孫さんのためにもぜひ頑張ってほしいです。

そして何よりご自身のために大正琴を楽しんで頂けますよう心より応援しています。

基本的な弾き方をマスターできれば大正琴は様々なジャンルの音楽を
弾けるようになる楽しみ方もありますのでぜひ頑張って下さいね。

>>「動画ライブラリー」ページからも色々なジャンルの曲をご紹介しています♪

大切な節目のお祝いにナルダン大正琴をお選び頂いてとても光栄です。
六十歳は第二の青春!!
いつまでもお元気で楽しんで頂けると嬉しいです。

>>節目のお祝いにギフトラッピング・熨斗祝い承ります

ナルダン楽器お問い合わせ

 大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加