「ボタン押さえて簡単に弾ける!」|きれいな音出す少しのコツ・大正琴ワンポイントレッスン

こんにちは

ナルダン楽器、店長の岩田です。

3月に入ってから大正琴を新しくはじめる方がぐっとふえてきました。
先日もご利用頂きましたお客様は大正琴初心者さん♪
大正琴をはじめたきっかけとお稽古の様子を伺いましたのでご紹介させて頂きます。

「大正琴受け取りましたありがとうございます。
昔から楽器が好きなんです。でも尺八は音がすぐ出ないし
妻は三味線を弾きますが何だか自分には難しそう。
でも大正琴はボタンを押さえて簡単に音が出るなら自分でも弾けるかな、とはじめてみようと思いました。

実際にやってみると本当に簡単に音は出せました!
でも左手のボタンを離す時にでるジャミジャミという音が気になります。
はじめたばかりだから慣れてきたら直るのかな?

目標は古賀政男さんの人生劇場なんかを弾いてみたい。
自分なりに楽しんでみます。またわからないことがあればよろしくお願いします」

お届けしたすぐその日から早速大正琴を楽しんで頂いているようで嬉しいです。
大正琴は誰でもボタンを押さえて弦を爪弾けば簡単に弾くことができる楽器です。
でもきれいな音を出して弾くためには少しコツが必要です。
それには左手の使い方が重要なポイント(^^)b

ボタンをしっかり押さえ込んでピックで弦を爪弾いたあとは
左指を鍵盤ボタンからすぐに離すのではなく
少し左手を残すような感覚で音を出していくと
一音を弾いたあとの響きが良くなり
気になるジャミジャミという余韻の音も出なくなってきます。
大正琴はボタンを叩くように弾くイメージよりも
ボタンを押さえ込んで弾くイメージです!

>>左手で音階ボタンを押さえながらドレミファを弾いてみよう

大正琴は楽器本来のきれいな音色で弾けるようになると
更に楽しさが倍増してきます!
弾き方のコツを覚えてしまえばきれいな音色で楽しんで頂けますので
ぜひ頑張ってください。

基本的な大正琴の弾き方や音の出し方については動画でも紹介しています。

>>弾いてみよう大正琴

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加