桐琴|大正琴のナルダン楽器

sumine5-top

こんにちは。

ナルダン楽器。店長の岩田です。

今日の名古屋はしとしと春雨。
季節は変わりやすい春の天気も少しずつ安定してくるといわれる穀雨ですが
一日も早く安定をもたらしてくれることを願っています。

さてこの季節、大正琴をご購入される方は
初めての方、以前に弾いた経験のある方、現在も愛好している方
というように分かれることが多いです。

その中でも、現在進行形で大正琴をご愛好されている方々は
「音色がいいから弾いていると楽しい」とおっしゃいます。

先日、ナルダンユーザーさんより桐の大正琴をオーダーいただきました。

「桐琴は弾き込むと音色が良くなると云われるのでゆっくり楽みたい」

母が20年以上前から大正琴を愛用しています。
大正琴は数台持っていましたが
友人に譲ったりして現在は2台が手元にあります。

以前にも愛用していたナルダンさんの大正琴は
良い音がするからほしいと母が云うのでネットで検索したら、
今でも変わらずナルダン大正琴があることを知り
母もとても喜んでいました。
良い音色にこだわった大正琴がほしくて今度は桐琴を選びました。

桐琴は弾き込んでいくと音色が良くなると云われるので
ゆっくり楽しみたいと思います。

>>お客様の声

大正琴をお選び頂く際には楽器の素材についてお尋ねになるお客様も少なくはありません。

この度オーダー頂きました桐という材質の特徴は
軽い木ではありますが強度があり
水や熱を遮断しやすく木質が均一で伸び縮みが少なく
内部に湿気を通しにくいため音響効果も良く
精密な楽器にも適していると云われてます。

ナルダン楽器の桐琴は柔らかな桐の特徴を活かし
使いこなすうちに柔らかでやさしいご自分の音色に育っていきます。

特に高音に伸びやかさがあり
桐特有の音色を感じていただくためには
高音の2(レ)の音にハリのある音が出せるよう目安に
お弾きになることをおすすめします。

総桐琴「澄み音」については澄んだ音色へのこだわりをもたれた
リピーターさんからオーダー頂くことも多く
一生ものとして大切に音色を楽しんで頂いております。

 >>ナルダン大正琴作りへのこだわり

皆様へ「いい音色を」より楽しさをお届けできるよう今後も励んでまいります!

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加