明治から昭和に名古屋三大商店街のひとつ円頓寺の今は|円頓寺七夕まつり!

円頓寺七夕まつり2016

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

夏休みをむかえ、お祭りやイベントに出掛ける浴衣姿の人を見かけるようになりました。

さて明治から戦前にかけて、名古屋の三大商店街は、大曽根(おおぞね)大須(おおす)円頓寺(えんどうじ)でした。
そのなかで名古屋城の南西、名古屋駅との間に現在は名古屋市地下鉄丸の内駅出口から西へ5、6分のところ、名古屋駅から歩いても15分程度のところに、名古屋で最も歴史のある商店街として円頓寺商店街があります。

名古屋城が築城された400年前に家康の命を受けて清洲から名古屋に移すと宣言したことで”清洲越”がおこなわれました。その時に清洲にあった武家の屋敷や町家、寺社や商店までが引っ越しをしてきた時に円頓寺界隈も城下町の一角に作られたことがはじまりのようです。

またこの界隈は堀川を使った流通が盛んで、人や物資が行き交い発展していくと共に円頓寺商店街も円頓寺本町商店街、西円頓寺商店街と長く伸びていきました。当時は料亭も多く、置屋があり、芸子さんが闊歩し、呉服店、履物店、娯楽施設などもたくさんあったそうです。

その名残は現在もレトロな佇まいや老舗店が残り懐かしい街並みの蔵や町家をリノベーションした店舗などもふえて、当時の賑わいが再現されようとしています。

tanabata

さて、その円頓寺商店街の一大イベントして戦後10年から毎年7月に行われている円頓寺七夕祭り!今年でなんと61回目の歴史ある七夕まつりです。

今年の「円頓寺七夕まつり」は7/27(水)~7/31(日)まで開催されます。

名物は商店街アーケードから吊り下がる七夕飾りならぬ張りぼて飾り!これはすべて商店の手作り。ちょっと怖いものもあるけど(笑)レアモノ探しはポケモンGOより面白いかも!!

またアーケード内は屋根付きなのでお天気も気にならない野外のお祭りなので、お祭り限定で軒を並べた人気飲食店の食べ歩きも楽しい。そして名古屋の伝統が楽しめるもの作り体験もできるなど、歴史、文化、食べ歩きが一度に楽しめる名古屋らしい円頓寺七夕まつり!

三味線や大正琴演奏大道芸や阿波踊りなどなど・・
毎日日替わりで楽しい催しイベントも盛りだくさん。

■名古屋観光情報 「円頓寺七夕まつり」アクセス

また恒例の夏休みイベント
【大正琴体験ワークショップ】も開催します。

20160624-1-282x400

課題曲に挑戦してもらい大正琴ワークショップ体験終了後には17時からの澄音会の演奏ステージの1コーナーにてなんと課題曲の演奏発表を行います!(先着6名希望者)

大正琴貸出し&体験は無料ですのでこの機会に是非チャレンジしてみて下さいね!
外国人の方も大歓迎

■日時/ 平成28年7月30日(土)体験:14時30分~16時30分 演奏発表:17時~
■場所/ 東円頓寺商店街ふれあいの館前
tanabata1

【円頓寺七夕まつり大正琴演奏会】
■日時:平成28年7月30日(土)
■会場:円頓寺七夕まつり/(東円頓寺前・東メインステージ)
■時間:17:00~17:30
■出演:大正琴 澄音会

歴史と伝統を感じる名古屋の商店街まつりを浴衣姿で闊歩してみてはいかがでしょうか。

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加