初対面でもチームワークはバッチリ!円頓寺七夕まつり大正琴体験ワークショップ|体験者様の声

tanabata2016-1

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

先日7月30日(土)に円頓寺七夕祭りにて開催致しました
「大正琴体験ワークショップ」には
タイ、中国、スロベニアなど各国の海外留学生の皆さんや
お子様連れ、お若いカップルまで大勢の皆さんに
ご参加頂きまして誠にありがとうございました。

また今回のワークショップでは45分間の集中レッスン後に
夕方から行われる大正琴ライブステージに出演して課題曲
日本最古の民謡「こきりこ節」を発表するという
体験型プログラムにも挑戦していただきました。

tanabata2016-2

さて、参加された海外留学生は日本語があまり得意ではないようでしたが
それでも数字番号で弾ける大正琴の数字譜と指番号を「いち、にい、さん」
と指でなぞりながら一生懸命に取り組まれている様子から
大正琴は言葉の壁を越えて身体で覚えられる体感型の楽器だと感じました。

今回のワークショップ参加者さんは大正琴を初めて弾くという人ばかりでしたが
45分間のレッスン後にステージ発表するという目標があることで
モチベーションも集中力もかなり高くもたれているようでした。

大正琴は初対面同士でもチームワークがバッチリ!

20160730-1

そしていよいよ大正琴教室の皆さんサポートのもと初のステージ体験をされた皆さん!

”まどのさんさはデデレコン~はれのさんさもデデレコデン”
こきりこ節のお囃子を口ずさみながらの楽しそうな演奏♪
演奏後には笑顔でハイタッチ!!一体感のある音色を披露されました(^^)

大正琴は初対面同士でもチームワークがバッチリ!

音色を通して自然に団結力がうまれることが素晴らしいと思います。
また短時間でしたが、演奏発表までの完結型体験ワークショップは
充実した達成感を味わっていただけたようでした。

楽器の楽しさはチームワークや達成感を体験していただくことが大切ですね。

賑やかなお祭り会場での体験ワークショップ。
比較的ご年配の方々は大正琴もご存じで興味をお持ちの方も多かったのですが
ステージ発表にはちょっと消極的だったのが惜しかったです。
次回はもっと幅広く挑戦していただきたいと思います。
弾き方体験から演奏体験まで短期集中型レッスンでしたが参加者さんには
大正琴を知って頂く良い機会になったようです。

ご参加いただきました皆さまありがとうございました。

【大正琴体験者さんの声をご紹介させて頂きます】

●ピアノとかギターみたいな楽器なんですね!
思ったより弾きやすい! ギターとセッションできるかも♪
(長野からお越しのカップル/20代)

●大正琴はまえから知ってる!弾くのははじめてだけどすごくたのしい♪
(3世代ご家族連れ/小学3年生)

●大正琴はじめてです。音色がとてもキレイ。日本の文化大好きです。
もっと大正琴弾いてみたくなりました。
(スロベニアからの留学生/21歳)

●楽器はピアノを弾きます。これは数字ナンバーで弾けるからわかります!
でも指ナンバーちょっとむずかしかった。日本の楽器、素敵です♪
(タイからの留学生/19歳)

●大正琴は知っていましたが、大須が発祥とは知りませんでした。
大須に石碑があるなら今度行ってみよう。
(30代カップル)

>>大正琴体験Facebook写真

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加