読書の秋におすすめ「図書」

img_7607

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

毎朝楽しみにしている朝ドラ「とと姉ちゃん」も今週がいよいよ最終週ですね。

ドラマの中で、戦後まもなく自分の暮らしを大切にすることを通じて、毎日の生活を少しでも豊かで美しくするために発行された「あなたの暮らし」の実際にモデルとなった雑誌”暮らしの手帳”は現在も変わらず発行され続けていることは素晴らしいことですね。

さて読書の秋、こちらも半世紀以上にわたり岩波書店から発行されている読書家の雑誌【図書】をご存じでしょうか。

若手からベテランまで一流の執筆陣が書き下ろす、とっておきの話やエピソード、心を打つヒューマン・ストーリー、旅のときめき体験、滋味あふれるエッセイの数々。文学・芸術・学問の面白さを語る対談・座談・インタビューなどが綴られています。

その「図書」9月号に

大正琴奏者として海外でもご活躍されている音楽家・竹田賢一さんが ”大正琴いまむかし” と題して大正琴について著書されています。竹田さんと大正琴の出会いや大正琴の誕生背景なども面白くご紹介され、誕生から100年以上経った今も多くの人に親しまれ続けている大正琴の魅力など今と昔を比較しながら綴られています。なんとナルダン大正琴にも触れていただいています。

岩波書店 図書9月(第811号)「大正琴いまむかし」竹田賢一

大正琴について語られる雑誌について、ご興味のある方はナルダン楽器店頭でもご覧いただけます。ぜひお気軽にお声をお掛けください。

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加