”大正琴気持ちいい~♪”と感じた瞬間|大正琴ワンポイントアドバイス

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

私が大正琴をはじめてから、かれこれ20年程になりますが
そんな中で ”大正琴気持ちいい~”っと感じた瞬間を思い起こしてみると
トレモロが滑らかに弾けるようになった時からだったように思います♪

以前にもブログで トレモロ奏法 についてご紹介させて頂きましたが

トレモロ奏法は大正琴の特徴的な奏法のひとつで単一の高さの音を連続して小刻みに演奏する技法です。トレモロ奏法は長く持続して音を響かせる事が出来きるのでメロディの表現力がより豊かになります。

粒が細かく揃った滑らかな音色、
特に大正琴の場合は高音の伸びの良いトレモロが醍醐味ですね♪

先日お教室に通う生徒さんにもうかがってみると
トレモロがきれいに弾けるようになった時に楽しさを実感するという方も多く
なかでも以前にギターを弾いた経験がおありの男性の方はピックの振り方が柔らかく
トレモロを滑らかに弾かれるようです。

さてトレモロを滑らかにするコツは

ピックの先端が均一に弦に触れるように手首の位置を安定させながら

肩の力を抜いて

手首を軽く振り返し

バイバイと手をふる感覚で弾くといいです。

そしてトレモロを弾くことが多い曲の時は
ピックを柔らかなソフトタイプのものに変えて使ってみると
比較的指先の力が抜けて柔らかくピックを振るわせることもできるので
ソフトタイプのピックで試して弾いてみることもオススメです。

ピックの堅さや形を試してご自分に合うピックを見つけてみてもいいですね。

■大正琴ピック4枚お試しセット

実は私も大正琴気持ちいい~と実感できるまでは10年ほどかかりましたが(^^;)
今では高音のトレモロが多い曲を弾くときが楽しくなりました♪

さて、皆さんが大正琴気持ちいい~と感じた瞬間はいつですか?
ぜひお聞かせください。

お電話でのお問い合わせも大丈夫です

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加