メンテナンスの合間にプチ観光気分♪

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、岩田です。
公園の木々も色づき街中でも紅葉が楽しめるようなお出掛け日和が続きますね。

このところ東京や大阪、三重県など県外からもご来店されるお客様がふえて参りました。
遠方よりお越しいただき誠にありがとうございます。

メンテナンスの待ち時間にプチ観光を堪能

さて先日も大阪よりご来店頂きましたお客様。
お近くに大正琴専門店がないためインターネットで検索され、ご主人様とお車でご来店。

事前にお電話にてご連絡を頂き
「音の調子が悪いので弦交換調律調整をしてほしい」とのご依頼でした。

早速、弦交換・調律調整・メンテナンスクリーニングをさせて頂くことに。
20,30分程お待ち頂ければ、お持ち帰り頂けることを伝えると
お待ち頂くことになりました。

大正琴修理・メンテナンスについて

大正琴は弾いていく間に弦などは消耗品となるため、良い音色で弾くためには弦の交換が必要になってきます。弦の交換以外にも大正琴を長くお使いただくために修理やメンテナンスを日本全国から承ります。熟練のスタッフが自社工房にて迅速にかつ安心価格にて万全のアフターケア対応をさせて頂きます。

お昼の時間帯でしたのでご近所の美味しい蕎麦屋さんを紹介させて頂きました。

手打ちそば処「谷屋」

手打そば処 谷屋(たにや) 名古屋市西区のそば専門店 | 名古屋で蕎麦といえば、是非当店に一度御来店下さい。

いつも昼時は平日でも並ぶほど人気のお蕎麦屋さんです。

昼食後、ご同伴のご主人様が歴史好きとのことで、徒歩5~6分程の距離にある”加藤清正像”をご案内すると散歩がてらプチ観光を楽しまれたようでした。

加藤清正像の周辺には、他にも能楽堂や名古屋城もございますので次回お越しの際はぜひゆっくりとお時間をとってお楽しみになってもいいですね^^

お客様とのコミュニケーションの時間を大切に

およそ1時間後。待ち時間を利用してプチ観光を楽しめたとおっしゃるお客様に
大正琴のご利用状況なども伺いました。

お客様は以前に海外赴任していた経験があり 何か日本らしい文化を広めたいと思っていた時に大正琴と出会い、持ち運びの出来る大きさと、独特のやさしい音色の良さと日本生まれの楽器であることに惹かれ、 大正琴を始めるきっかけになったそうです。
今回、海外(ウズベキスタン)で知人の方の結婚式があって大正琴を披露されたそうです。
現地の方も大正琴はとても関心を持ってくれました。と楽しそうにお話し下さいました。

お客様にご来店頂き、直接対面してお話を伺うことで、大正琴をはじめるきっかけや思い出のエピソード、お困りごとなどをお聞きし、電話やメールではなかなかお伝えしづらい音色の違いや弾き方のアドバイス、取り扱いの注意などもゆっくりとお話しさせて頂いております。

私共もこういった時間がとても楽しく有意義で、お帰りの際に
「やっぱり直接来て良かった!」とお声を掛けて頂けることにとても感謝しております。

決してわかりやすい場所ではございませんが、最近では皆さん車のナビやスマホ地図などを利用しながら比較的簡単にお越し頂いております。

ナルダン楽器へのアクセス

大正琴のナルダン楽器へのアクセス方法を紹介しています。最寄りの地下鉄浅間町駅 からのルートを写真入りでナビゲート。交通手段など。名古屋城から徒歩10分

事前にご連絡を頂けますと、ゆっくとお時間をいただくことができます。
ご来店いただいたお客様には大正琴選びやメンテナンスのご相談など
実物を見ながら直接アドバイスもさせて頂きます。お気軽にぜひお立ち寄り下さいませ。

まずはお電話でのお問い合わせで↓

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加