これからも大切にしたい日本文化

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

今週月曜日1月8日は成人の日でしたね。

新成人の皆様おめでとうございます。

総務省の統計によりますと2018年の新成人は123万人だったそうですが
お向かいにある地元小学校で行われた成人式は少人数学級の学区のため
家族や地域の方々が見守るアットホームなほのぼのとした成人式でした。

華やかな晴れ着姿の娘さんたち素敵ですよね^^

さて私の友人の娘さんも今年新成人ということでお祝いに日本の伝統工芸でもある
組紐で編んだ着物用の帯留めをプレゼントして喜ばれました。

一昨年の大ヒットアニメ映画「君の名は。」の中でも物語のカギを握る重要アイテムとして
日本伝統の「組紐」が取り入れらたこともあり、若い世代の女性や海外の方にもブームになっていますね。
組紐とは細い絹糸や綿糸を組み上げた紐で、古来仏具や茶道具、武具等の飾り紐として使われ、現在も身近な物では和服の帯締めや羽織紐等装身具として利用されています。
糸の種類や組み方で組み合わせのバリエーションが無限大というのも魅力ですね。
紐を結ぶ文化には慶事などでよく目にする水引など「人と人を結ぶ」「ご縁を結ぶ」など
縁起の良い意味合いも込められているようです。

これからも日本の素敵な文化を大切にしていきたいと思っています。

大正琴についてお気軽にお問い合わせください↓

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加