大人のためのくるる(きく・みる・する)体験ツアー|大正琴工房見学&演奏体験にチャレンジ!

こんにちは

ナルダン楽器、店長の岩田です。

先日4月11日(水)「大人のためのくるる(きく・みる・する)見学体験ツアー」
大正琴工房見学&演奏体験に岐阜県より22名の皆様がお越しになりました。

午前9時半過ぎナルダン楽器へご一行様を乗せた観光バスが到着。
一日かけて行われる見学体験ツアーの始まりがナルダン楽器からスタートするようでした。

早速、工房見学と大正琴歴史解説をA班B班と2グループに分かれて頂きます。

1階の工房では楽器の元になる材質をご紹介しながら
材質の違いによる音色の違いなどを聞き比べていただいたり
大正琴作りにかかる50工程の中でも最も重要なセクションなど解説しながら
今回は実際に数名の方に作業工程のひとつ(溝入れ作業)にもチャレンジして頂きました。

楽器づくりを体験したり、はじめて見る工房での様子に興味津々!
次々に質問が飛び交う程の熱心な皆さんでした。

2階会場では大正琴歴史解説を”100年前の文化教室”をイメージしながら
当時の時代背景や大正琴のルーツについてクイズ形式で解説。

また大正ロマンな雰囲気を味わって頂けるようスタッフも
レトロな羽織袴の女学校スタイルでおもてなし。
伝統的な結び文化の飾り結びの羽織紐を身に付け
名古屋の伝統的なものづくりやお茶文化の発展などにも触れ
抹茶と和菓子を味わって頂きながら、きく・みる・あじわうを体験。

100年前に和洋折衷なモダン楽器として大正琴が庶民にブームになったきっかけには
西洋音楽の影響や蓄音機などの普及で音楽がより身近なものになっていったという
時代の流れも感じて頂きました。

そして工房見学や歴史解説で大正琴の知識をつけてもらった後で
いよいよ皆さんお待ちかね演奏体験の実演に挑戦していただきました。

今回は15分程のレクチャーのあと最後に課題曲を一緒に演奏発表するという
ミッションにチャレンジ!!
皆さんピッタリ息を合わせて奏でることができるのかドキドキのセッション!

何と、短時間のレッスンにも関わらず、皆さん見事に迫力満点の演奏を披露♪
最後はお隣さん同士とハイタッチ!!
大勢で一緒に弾くことで一体感を味わっていただけたようでした。

「親しみやすいやさしい音色」

「ほぼ手作りで一台一台丁寧に作り上げられていることに驚いた」

「歴史から詳しく説明して頂き勉強になりました」

「初めて大正琴に触れたが面白い楽器だった」

「日本の楽器として海外に発信して皆にもっと知られると良い」

貴重なご意見も多数お寄せ頂きました。

今回の「大人のためのくるる(きく・みる・する)見学体験ツアー」

工房見学や歴史解説そして演奏体験を通して
名古屋発祥の楽器大正琴の魅力と面白さを感じて頂けたようでした。

この後、皆さんは最後にキリンビール工場などの見学も楽しまれ
大人のための体験ツアーを満喫されるそうです^^

お越し頂きましてありがとうございました。

見学・体験についてお電話でのお問い合わせも大丈夫です↓

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加