伝統的”結び”文化

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

今月は”大人の見学体験ツアー”を団体様にご依頼頂き
2度にわたって工房見学や演奏体験で大正琴をご紹介させていただき
先日も30名程のご一行様にお越し頂きました。

ご参加の皆さんはどなたも好奇心旺盛で真摯に学ばれる姿勢に
毎回、襟を正す想いで取り組ませていただいています。

さて見学体験ツアーの際に
大正ロマンな雰囲気を味わって頂けるよう
レトロな羽織袴に伝統的な結び文化の飾り結びの羽織紐を
身につけてお迎えすると
”素敵なおもてなし”とお喜びいただいています。

日本には古くから紐を”結ぶ”という素敵な文化があります。

その昔、結び目には神聖な力が宿るとされ
武将の鎧や兜の結び紐はお守りとして身に付けられたり
刀の鞘には封をする鍵の役割としても用いられていたそうです。

また結ばれた紐は人と人を結ぶ縁起良いものとしてお祝い事はじめ
神具・武具・茶道・伝統芸能の世界でも結び文化は今に伝わってきています。

この伝統的”結び”文化

人と人を繋げるご縁結びの意味は
私達が日頃から大正琴を通して繋がる皆さまと
”音楽と人を楽しく縁結び”
したいという想いとも重なるように感じます。

これからも伝えていきたい素敵な日本文化のひとつとして
新しい形で大正琴にも取り入れていきたいと考えています。

大正琴についてお電話でのお問い合わせも大丈夫です↓

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加