和楽器集団「まといの会」のアツい想いに感動♪

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

8月に入り暑さもピークを迎えております。
名古屋も今月40℃越える最高気温を記録しました。

そんなアツい中、先日は気温の暑さに負けないくらいアツい志をもった
和楽器集団「まといの会」の発足公演に行ってまいりました。
彼らの素晴らしい熱意と想いに感銘を受けてしまったので
少しご紹介させて頂きたいと思います。

◆和楽器集団「まといの会」

「まといの会」は、20代からの若い世代の和楽器奏者が集まる“場”として発足されました。
会名は江戸時代に火消し達が自らの所在を示すために使用していた「纏」に由来しています。
和楽器をはじめ、和の文化に携わる「纏人(まといびと)」達が、
演奏だけではないフィールドにおいて多様な交流を行うことを目的としています。
現在、愛知県を中心に和の文化という「好きなこと」に共感できる同世代が集まり
交流が持てる場作り、繋がりが持てる場作りの第一歩として、発足記念公演を開催。
演奏だけではなく、各地方のお祭りへの参加、
コミュニティを軸とした大規模な交流の場の企画、実行を志す集団。

まといの会 - 「いいね!」442件 · 53人が話題にしています - 「まといの会」  江戸時代の火消し達が自分たちの存在を示すために使っていた「纏」から取っています。

まといの会公演「まといあわせ」は愛知県安城市の市民会館ホールで行われました。
クラウドファンディングにより支援者を募るなど
日本文化を伝える若者達のパワーとエネルギーが集結した活き活きとしたステージ。
1部、2部構成のステージの他に会場内の観客が一体となって参加できる公開ワークショップや
休憩の合間にはロビーなどの場外でもハプニング的にパフォーマンスが行われたり
楽しむ仕掛けがいっぱいでした。

”日本文化を大切に伝えて拡げていきたい”
”地元を拠点に自分たちのフィールドを大切にする”

という彼らの和楽器愛と地元愛に満ちた素晴らしいステージでした。

若いパワーに感動しながら、改めて和楽器や日本文化の魅力を伝える力になりたいと思いました。何だか”ありがとう”という気持ちと刺激をいっぱい頂いてきました♪

大正琴についてお気軽にお問い合わせ下さい↓

ナルダン楽器お問い合わせ

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加