ピックの先端は弦全体に均等に触れていますか|大正琴ワンポイントアドバイス

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

立春を迎え少しずつ春の気配を感じるようになって参りましたね。
さて、春先は楽器購入やメンテナンスのご相談にお越し頂く方も多くなります。

ナルダン楽器ではご来店頂いたお客様には実際に大正琴に触れて頂きますが
先日ご来店頂いたお客様は試奏された際に
大正琴の音が低く感じるとおっしゃられました。
手元を拝見するとメロディ弦が一番手前の巻線のみを1本ピックで弾いていました。

ピックの先端は弦全体に均等に触れていますか

音が低く感じた原因はピックの先端が弦全体に触れていなかったからでした。
基本的に大正琴のメロディ弦はピックの先で4本全部一緒に弾いて
音を出すことにより本来の高さの音が鳴ります。

お客様にはピックの先端がメロディ弦全体に均等に触れるように弾いて
頂くことをアドバイスさせて頂きました。
またピックの先端が削れていたり丸くなっていないかを確認して
なるべく先端が尖ったピックをお使いになると弾きやすくなります。

▼ピックお試しセット
ナルダン楽器では4タイプのピックを扱っています。
先端が尖ったタイプや堅さの違うタイプなどご自分に合うピックをお試しください。

右手ピックの使い方のコツについて

そして右手のピックの使い方については
手前から外側に向かって扇を開くようなイメージで
弦全体にピックの先端があたることを確認しながら弦を弾くことがポイントです。

また右手首は琴の右下角に軽く添えながら手首の位置がブレないように
弾くことでピックが振りやすくなり安定して弦を弾くことができます。

大正琴の弦は均等に弾いて大正琴本来のキレイな音色をお楽しみくださいね♪

大正琴の弾き方について
まずは開放弦を弾いてピックの使い方を参考にしてみてください。
▼「弾いてみよう大正琴」で動画をご覧頂けます。

大正琴の弾き方から楽譜の読み方を実際に弾きながら動画で紹介。簡単な練習曲にもチャレンジしてみよう。

楽器の弾き方や取り扱い方についてお気軽にお問い合わせください↓

大正琴のナルダン楽器連絡先

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加