遠方よりメンテナンスにご来店|大正琴修理メンテナンス

こんにちは

ナルダン楽器、店長の岩田です。

三寒四温。少しずつ春が近づいてきていますね。
春先は新しいことをはじめるための準備を整える良い季節です。
大正琴もメンテナンスや点検など準備を整えてお稽古を始めたいという方も多いようですね。

さて、先日ご来店頂いたお客様は鎌倉から名古屋まで車で6時間以上かけて
メンテナンスご依頼のためお越しくださいました。

お客様は叔母さまから四台の大正琴を譲り受け
独学でチャレンジしてみようと思われたそうですが
大正琴の弦が切れていてすぐに弾ける状態でなく困ってしまい
インターネットで「大正琴修理」と検索され
ナルダン楽器へ大正琴四台をお持ちになりご来店いただきました。

大正琴は全く初めてのため、取り扱い方や簡単な弾き方なども
アドバイスしてほしいというご希望でした。

お持ち頂いた大正琴は他社製のものもございましたが、
弦を張り替え調律調整をさせていただくとすぐにでも弾いて頂ける状態になりました。
また中には電気タイプもあり、そちらはパーツが破損しており電源が入らない状態でした。
弊社ではパーツの取り扱いがなかった為、
専門メーカーにて電気系統は修理をご依頼されることをアドバイスさせていただきました。

お客様は大正琴の弾き方や音の出し方についてもご相談され
実際に大正琴に触れながら、鍵盤ボタンを押さえてからピックで弦を弾いて
音出しの練習なども試して頂きました。

「弾き方はYouTubeなどで参考にしてみようと思っていましたが、直接アドバイスしてもらいながら弾いてみる方がわかりやすい。
ギターはコードを覚えなければ弾けないけれど、大正琴はボタンを押さえてピックで弾くだけできちんと音階が弾けるのは簡単でいいですね。
これなら自分でも色々楽しめる自信ができた」

と嬉しそうにおっしゃっていました。

折角譲り受けた大正琴は修理メンテナンスができれば再びお楽しみ頂くことができます。
ねむっていた楽器がふたたび”陽の目を見る”ことになったようで
私たちもほんの少しお手伝いができて嬉しいです。

この度は遠方よりご来店頂きありがとうございました。

>>大正琴修理メンテナンスについて

大正琴は弾いていく間に弦などは消耗品となるため、良い音色で弾くためには弦の交換が必要になってきます。弦の交換以外にも大正琴を長くお使いただくために修理やメンテナンスを日本全国から承ります。熟練のスタッフが自社工房にて迅速にかつ安心価格にて万全のアフターケア対応をさせて頂きます。

>>ナルダン楽器アクセスマップはこちらが便利です

大正琴のナルダン楽器へのアクセス方法を紹介しています。最寄りの地下鉄浅間町駅 からのルートを写真入りでナビゲート。交通手段など。名古屋城から徒歩10分

※店先のピンク色「大正琴」のぼりが目印です!

大正琴修理・メンテナンスについてもお気軽にご相談ください↓

大正琴のナルダン楽器連絡先

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加