『カーマイン・ストリート・ギター』という映画を観ました|ナルダン大正琴工房

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

少し前に観たドキュメンタリー映画ですが
心に響く楽しい映画だったのでブログでもちょっとご紹介します♪

NYのカーマインストリートにあるギター工房「カーマインストリートギター」のお話。
NYで取り壊されたビルなどの古材を再利用して製作されるただひとつのギター!
製作される楽器には街のどこかの建物の歴史が宿っていて
新たに楽器に息を吹き込む陽の目を見るというロマンティックな物語も素敵です。

工房ではオリジナルギターを作って売るだけでなく、リペアなどもしていて
ギターを買うためだけでなく、著名なギタリストたちが店を訪れては
オーナーとの粋なやりとりがされている日常を描いたドキュメンタリー映画です。
工房は深い”ギター愛”に溢れた人々の楽しい場となっているようでした^^

こんな工房とクラフトマンに憧れてしまいます♪

「カーマイン・ストリート・ギター」オフィシャルサイト

ルー・リード、ボブ・ディランも来店!ニューヨーク、グリニッジ・ヴィレッジにある「カーマイン・ストリート・ギター」では、NYの建物の廃材を使って世界のたったひとつのギターを生み出す。そんなユニークなお店と、有名ギタリストの演奏を堪能する、街と音楽に出逢うドキュメンタリー。 公開表記 8.10㈯より新宿シネマカリテ、シアタ...

さて、ナルダン楽器のものづくりは大正琴ですが
楽器製造、リペア、メンテナンス、場づくりなど
映画との共通点もいくつかあるように感じました。
(実はナルダン楽器の前身は”ナルダンギター”というギター製作も行っていたのです!)

私達も”大正琴愛”に溢れた人々が気軽に集まることができる
「ナゴヤ・ストリート・ナルダンハープ」(笑)
そんなお店づくりをめざしていきたいと思います!

ナルダン大正琴工房・三代目職人「いつまでも弾き手に愛されるものづくりをめざして」

大正琴は大正元年に誕生した日本の楽器。その大正琴発祥地の名古屋にて大正琴の製造販売を行っている創業60余年の「ナルダン楽器」。 現在は3代目の大正琴職人「岩田 茂」がこだわりの素材を使い、昔からの加工技 術と最新の加工技術を組み合わせ一つ一つ手作業で日本全国100万人の大正琴愛好家の方に満足していただけるように日々...

大正琴については専門店へお気軽にご相談ください↓

大正琴のナルダン楽器連絡先

大正琴のナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加