朝日新聞夕刊「凄腕しごとにん」掲載頂きました|メディア掲載

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

先日取材された記事が

2021.3.23 朝日新聞夕刊「凄腕しごとにん」に掲載されました。

あらためて数を振り返るとちょっとびっくりですが・・・

ナルダン楽器のはじまりは祖父が創業して70余年。ギター製造に始まり
貿易マンだった父が二代目を受け継いで、今は三代目が引き継いでいます。

また大正琴の楽しみ方・豊かさの普及に大正琴教室も主宰
それぞれの時代の風を取り入れながら
大正時代に名古屋で生まれた楽器「大正琴」の製造・販売・普及に取り組んでいます

大正琴は大正元年に誕生した日本の楽器。その大正琴発祥地の名古屋にて大正琴の製造販売を行っている創業60余年の「ナルダン楽器」。 現在は3代目の大正琴職人「岩田 茂」がこだわりの素材を使い、昔からの加工技 術と最新の加工技術を組み合わせ一つ一つ手作業で日本全国100万人の大正琴愛好家の方に満足していただけるように日々...

そして更に新しい風はサスティナブル(持続可能)に
伝え繋げる時代へと変わりつつあります。

ナルダン楽器は「ヒノメヲミル」という視点で
大正琴の歴史から新しいものづくりの研究。
そしてリペアを通じて大正琴が楽器として
永く愛用し続けてもらうための魅力づくり。
親~子~孫~その先へ
世代を超えて大正琴の奏でる音色を豊に楽しんでいただけるような
取り組みも行っています。

さらに2019年12月工房・店舗・教室の移転に伴い
あらたに文化交流の寄り処として「澄音サロン」を開設しました。

コロナ禍でゆっくりゆっくりな歩みではありますが
この春4月4日(日)に音楽と大正ロマンな文化をないまぜた
初のヒノメヲミルイベントも開催します。

【Salon de Kimono Piano】 〜ないまぜのしらべ〜

大正琴澄音会-すみねかいーさんが名古屋市で日曜日, 4月 4 2021に開催する音楽イベント
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

古き良き文化をまた新しいカタチで楽しんでいただけますように
音楽を通して日々の中に癒しと少しのワクワクをお届けするお手伝いができればと思います。

大正琴についてお気軽にお問い合わせ下さい↓

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加