愛着ある楽器をメンテナンス|大正琴修理メンテナンス

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

穀雨・・週末ごとに雨模様がつづいて季節はまさに暦通りですが

お家で過ごす時間を大切にしたいと思う時期ですね。

さて春本番になる頃、お客さまからメンテナンスのご依頼を頂くことも多くなります。

先日、ご依頼頂いたお客さまの大正琴は約40年程前のもの。

一緒に添えて頂いたお手紙に楽器への想いやご愛用者さまの様子をうかがって

何とかお役に立てればと、メンテナンスをさせて頂きました。

メンテナンスのご依頼を頂く大正琴は

まず天板を外してみてから

鍵盤のサビやバネの劣化、フエルト部分のへたり、弦の劣化など

状態を細かく見させて頂きながら修理が可能かチェックをします。

今回ご依頼の大正琴については

やはり鍵盤部分のレバーのサビがひどくバネの劣化もありましたが

幸い現行の部品パーツでの対応が可能だったため

古いタイプの大正琴でしたがメンテナンスが可能でした。

少しお時間を頂きますが

工房でメンテナンスした大正琴はふたたび良い響きを奏でてくれました♪

愛着をお持ちの楽器がまた”陽の目を見る”ことができて良かったです^^

ぜひご家族さまのサポートのもとおばあさまにまた楽しんでいただけると嬉しいです。

ご利用頂きありがとうございました。

大正琴を通して日々の中に癒やしと少しのワクワクお届けするお手伝いできればと思います。

【大正琴修理メンテナンスについて】

大正琴は弾いていく間に弦などは消耗品となるため、良い音色で弾くためには弦の交換が必要になってきます。弦の交換以外にも大正琴を長くお使いただくために修理やメンテナンスを日本全国から承ります。熟練のスタッフが自社工房にて迅速にかつ安心価格にて万全のアフターケア対応をさせて頂きます。

↓大正琴修理メンテナンスについてお気軽にお問い合わせください

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加