いきものたちはわたしのかがみ|刈谷市美術館

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

五月は庭先の苔も青々として軒下の睡蓮鉢メダカたちも卵をつけはじめました。

今年は何匹元気に育ってくれるのかワクワク見守りの毎日です♡

生きものたちのエネルギーを感じる季節ですね。

さて先日、愛知県刈谷市美術館で開催中の

「いきものたちはわたしのかがみ」

画家で絵本作家のミロコマチコ展を観てきました。

ミロコマチコ いきものたちはわたしのかがみ

画面から飛び出しそうなくらい迫力いっぱいに描かれた動物や植物など

絵本のなかに登場する生きものたちが巨大な立体作品となってまさにリアル飛び出す絵本!!

また絵本は見る人のキリトリ方次第で自由にものがたりが想像できる仕掛けや

そのデザイン性も素晴らしく、独特の色彩感覚で描かれた作品の多くが

生き生きと生命力に満ちあふれていて刺激的で圧倒されました。

また美術館に併設されているお茶室も展示会場となっていて

数寄屋作りの茶室と新緑のお庭を背景に鎮座する作品の展示も異空間で面白かったです。

前日には音楽家のharuka nakamuraさんとのコラボライブペインティングも行われていて

個人的にはそのライブ感を味わってみたかったなぁーと・・ちょっと残念な想いですが、

会場に流れていた音楽CDを購入して、イメージふくらませ妄想しております(笑)

ピアノのペダルを離すときに鳴るカタカタの音までリアルに録音されていて

アナログな感じも良いです♫

「生」「力」をテーマにされたミロコマチコさんのエネルギッシュな世界を

今だからこそ、五感を刺激する体感してみるのも素敵だと思います。

(愛知での展示終了後は、高知、神戸、横須賀に巡回予定)

感染予防対策も徹底して開催されている刈谷市美術館

会場にはお子さん連れの子育て世代からお孫さん連れまで

幅広い世代の方が楽しむことのできる素晴らしい展覧会☆彡

私たちも大正琴通して日々のなかに少しのワクワクをお届けする

そんなお手伝いができればと思います。

大正琴についていつでもお気軽にお問い合わせください↓

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加