季節の変わり目、弦交換はどうしてますか?

こんにちは

大正琴のナルダン楽器、店長の岩田です。

愛知県も緊急事態宣言が更に期間延長となりましたが

感染予防対策を徹底して開店しております。

さて季節の変わり目、みなさん弦交換はどうされてますか?

きょうは弦の交換目安について・・

大正琴弦は基本的にスチール弦・細巻線・太巻線の3種類の弦5本を使います。

メロディ弦4本(スチール弦3本+細巻線1本)ベース弦1本(太巻線)の配列です。

↓ご参考までに「大正琴はこんな楽器」でも解説してます

【大正琴のしくみ】

名古屋発祥の楽器大正琴の誕生背景やしくみを解説。100年経っても愛される大正琴の魅力を紹介。

大正琴の弦は鍵盤ボタンのレバーで抑えることで音階が鳴るしくみなので

弾いてる間に少しずつですが減ってきます。

弦が減ってくると音に響きがなくなりビヨ~ンと少しノビたような音が鳴ってきます。

お稽古する頻度にもよりますが、平均的には半年位を交換の目安にするといいです。

特に季節の変わり目、夏を迎える前の梅雨時6月頃に交換したら

次は冬を迎える12月頃に交換されるのがオススメです。

季節が変わる頃なので半年ごとは覚えやすいかもしれませんね。

■ナルダン大正琴レギュラー弦セット

また弦交換については

お教室やサークル通いの方は先生や指導者の方に交換をお任せしてる方も多いようですが

なかなか今はお稽古通いができなくてお困りという方のご相談もいただきます。

ご参考までに

動画解説ご覧頂きながらご自分でも交換することもできるので

↓この機会にチャレンジしてみてくださいね。

【弦の張り替え方について】

大正琴弦の交換にチャレンジ!大正琴弦の張り替え方を初心者にもわかりやすく動画付きで紹介しています。

弦は替えた前と後では響きが全然変わります🎶

新しい弦を弾き込んで音を育てていく楽しみもあります^^

なおご自分での弦交換が難しい方はいつでもお気軽にご相談くださいね。

また弦を交換する時の相棒といってもいい「調律器」

【大正琴調律器】

調律については次回のブログで・・

おうち時間も大正琴を通して少しのワクワクお届けするお手伝いできればと思います。

大正琴弦交換や調律についてもお気軽にご相談ください↓

大正琴専門店ナルダン楽器公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加