大正琴を楽しくするワンポイントレッスン9♪

大正琴を楽しくするワンポイントレッスン。
今回は”きれいな音の出し方”について・・

楽器の魅力はその楽器の持つ
音色の美しさにありますね。

大正琴も哀愁漂う音色が魅力です。
きれいな音色を出すには一日や二日で出来るものではありませんが・・
一音でも、自分の満足できる音が弾けるようになれば
大正琴の楽しさは倍増してきます。

お教室に通われる60歳代の生徒さんのなかには
「大正琴のように哀愁のある音色は
高音の音がきれいに出せた時が一番気持ちがいい」とおっしゃいます。
まろやかで柔らかなやさしい音の響きは弾いていて嬉しくなるそうです。

きれいな音色で弾くことは
大正琴を永く楽しむ大切なポイントです。

さて大正琴のきれいな音の出し方のコツは
左手の鍵盤ボタンをしっかりと押さえてから
右手の手首を使って柔らかくピックを弾くこと。

左手を押さえるタイミングの方が
右手を弾くよりも少し早いことがポイントです!

皆さんも自分らしいきれいな音を見つけてみましょう♪
大正琴がもっと楽しくなってきますよ。

:::::::::::::::::::::::::::

♪大正琴で奏でる「春よ来い」

大正琴の生の音色で弾いてみました♪ 大正琴で奏でる癒しの唄シリーズ

::::::::::::::::::::::::::::

>> 大正琴専門店ナルダン楽器

tel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加