大正琴|教則本|大正琴関連商品通信販売【大正琴専門店ナルダン楽器】
伝統ある音色を奏でる大正琴製造発売元大正琴のナルダン楽器
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お客様の声店長ブログカートの中

お客様相談室

大口注文承ります

オリジナルメッセージ感謝状を大正琴に添えてお届け

よくある質問

安心価格の理由

3代目大正琴職人岩田茂

初めての方へ
大正琴の効能

法人・団体様対応
お客様の声
のし・ギフト包装

プレスリリース

メディア掲載履歴
動画ライブラリー
メルマガ登録
交通アクセス・地図
荷物お問い合わせ

修理・メンテナンス

新規お取り扱い店舗募集

海外発送承ります

海外へ大正琴をお持ちになる際の飛行機内の扱いについて

介護にも大正琴のさわやかな音色を

大正琴を楽しむ皆様をご紹介

大正琴体験コーナー

大正ロマン川柳

ブログハイカラ日報
ナルダン公式facebook
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
2017年7月

 

 

        1
2

3

4 5 6 7 8

10

11 12 13 14 15
16

17

18 19 20 21 22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

 

 

 

 

 

 赤枠はお休みとなります

 

 

店長コメント

こんにちは「大正琴専門店ナルダン楽器」店長の岩田です。
7月に入り梅雨の季節ですが、名古屋も日中は夏日を思わせるような陽気になってきました。この時期は湿度も高くなりますので楽器の取り扱いには十分気をつけて下さいね。大正琴のお手入れ方法などもご案内していますのでお気軽にお問い合わせ下さいね。

【お問い合わせ先】
大正琴のナルダン楽器
〒451-0041
名古屋市西区幅下1-5-12

お電話の注文もOK

大正琴はこんな楽器 弾いてみよう大正琴 ナルダン大正琴アフターケアサービス
▲材料の乾燥は音に大きく影響してくるため、「寝る子は育つ」のごとく天然乾燥でゆっくりと寝かし乾燥させ歪みや変形などをしっかりチェックします。アガチス材をはじめ、木目の美しい山桑材や桐材などを吟味選別した後、本体をひとつひとつ丁寧に張り合わせていきます。
▲箱状になった白木地本体に音響穴や糸巻の穴を加工をし、木地の研磨を段階的に何度も丁寧に繰り返し行います。ここでの手間暇が後々の塗装の仕上がりにも大きく影響します。
▲塗装された本体と天板に音階フレット、鍵盤、糸巻き、テールピース、駒など約50工程の部品が取り付けられます。このあたりから大正琴らしくなってきます。
▲最終段階の仕上げです。本体に弦を張り、鍵盤ボタンが取り付けられた天板を取り付けて音合わせの最終チェックをします。取り付け方次第で大きく音色が左右されますので、この作業は微調整をしながら慎重に行います。
最後にきちんと調弦をし綺麗に本体を磨き上げたら、